笑顔の男性

店舗の店長やマネージャーで運営する立場になってくると、つい業務に追われて、現場に出るのが億劫になる。

アルバイトさんの欠勤やシフトの都合上

「こんな忙しいのに、現場に出ている暇なんてない、、、」

って思いながら、現場に出ざるを得ない時もある。

ビジネス小僧もそういう時が多々ある(笑)

でも、そういう現場に出ている時間も

「現場の課題に気付くいいチャンスだ!」

って前向きに考えて、現場で接客したり、清掃したりしたり、アルバイトさんの仕事ぶりやお客さんを観察したりしていく。

そうすると色々と重要なことに気付けることが多い、というのが実体験で感じていることだ。

例えば、

スタッフの作業の流れが滞っていて、お客さんを待たせている場所がある一方で、別の場所ではスタッフが余っていておしゃべりをしている。

あるいは、この時間帯は思っていたより、店舗が汚くなっているからもっとこまめに清掃に行く必要がある。

などなど。

スタッフの人員配置を最適化したり、清掃頻度の調整を行ったり、フロント手続きでの無駄が見つかったりする。

課題が見つかれば、後は改善してより良いオペレーションにしていくだけ。

今より改善された効率的なオペレーションなら店長の業務が減ったり、日々のアルバイト人件費で不要な部分をカットできたりする。

「現場に出ている場合じゃないわ、、、」

って思う時に思い出したい。

「現場には店舗改善のヒントが転がっている。」と。

関連記事はこちら!

周りの11人に恩返しするつもりで働くと感謝心が高まって優しい気持ちで働ける!

【仕事ができる人】仕事が出来る人は気づきが多い!

【仕事ができる人】同じミスを繰り返さない人はどんどん伸びて仕事が出来るようになる!

スポンサーリンク
おすすめの記事