笑顔のビジネスマン

ビジネス小僧が思うに、仕事が出来る人は気づきが多いと思う。

気づきとは、

「この作業は非効率なんじゃないか?」

「ここをこんな風に改善すれば、もっと良くなるんじゃないか?」

「このオペレーションが機能していない。」

って感じで

  • 仕事の改善できそうなポイント
  • 当たり前になっているけど非効率なこと
  • 機能していないオペレーション
  • 作業スピードのボトルネックになっていること

などに気付くことだ。

気づきが多い人はそれだけ、日頃から考えて仕事をしている。

「もっと良くするにはどうすればいいか?」

と現場をよく観察していたり、自分の仕事の作業スピードや時間の使い方を振り返って改善点を探している。

それに加えて、気付きが多くなるためにはその仕事に関する知識が豊富である必要がある、とビジネス小僧は思う。

いくら気付こうとしても、その仕事の知識が全くない人はなかなか気づきを得られないだろう。

与えられた仕事を思考停止してただこなしているだけの人ではきっと改善点や課題に気付けない。

「もっといい方法はないか?もっと良くならないか?」

と日々の自分の仕事や現場を観察し続ける。

その仕事に関して勉強しまくって知識を吸収する。

そういう習慣がある人はたぶん気付きが多いんじゃないかな?

そりゃそれを何年も続けていれば、思考停止して仕事をしている人より絶対に仕事が出来るようになるはずだ。

関連記事はこちら!

同じミスを繰り返さない人はどんどん伸びて仕事が出来るようになる!

現場に出ている時は、「現場の課題に気付こう!」って前向きに捉える!

【頭の整理】仕事で追い込まれたらとことん頭を整理する!

スポンサーリンク
おすすめの記事