笑顔の二人

仕事で何か問題にぶつかったとする。

その時に現状と理想のギャップをあぶりだすのに役立つのが、

As is/To be のフレームワーク。

で、問題を色々な視点から捉えさせてくれるのが6W2Hだ。

スポンサーリンク

6W2Hは問題を色んな角度から整理する効果がある

6W2Hは、問題を色んな角度から整理するのに役に立つ。

問題を整理していれば、思わぬ解決策を思いついたり、気付いたりするから、意外に問題を整理するという視点は大事な気がする。

それに思考が広がるから、隠れていた原因がみつかりやすくなるって効果もあるとビジネス小僧は思うのだ。

そもそも6W2Hとは、8つの疑問詞だ。

  • Who
  • What
  • Whom
  • When
  • Where
  • Why
  • How
  • How much
    の8つだ。

問題を多面的に捉えたい時や

「何か見落としている気がする。」

という時に活用する習慣をつけておきたい。

スポンサーリンク
おすすめの記事