講義風景

仕事の効率化のためには、当たり前になっているけど

「ちょっと不便だな」

と感じることに敏感になる必要がある。

例えば、何か物を取りに行く時に毎度毎度2階から1階に降りて道具を取りに行ったりしていないだろうか?(ビジネス小僧の会社で実際あったのだ(笑))

「会社に入ったばかりの時からそうだから。」

「周りの人がみんなそうしているから。」

と思って何も考えずに行っていると、恐ろしく非効率なことをしていてもなかなか気づけないのである。

1日に何度も取りに行く物があるとする。

その不便さに気付ければ

「取りに行かなくてもいいように物を置き場を変えられないか?」

と考えられるだろう。

仕事で何度も開かないといけないサイトがあるとする。

それが不便だと気付ければ、Google Chromeなら開いているタブを固定する方法があって邪魔にならないように開きっぱなしに出来る。

パスワードを入れなきゃいけないなら、プラウザに保存しておけばいい。

金融機関のサイトなどでプラウザにパスワードを保存させられないなら、手帳など普段から必ず身につけている物に記載していちいちパスワードを探す時間を省くこともできる。

「当たり前になっているけど不便だ。」

と感じていることをピックアップして、その1つ1つを改善していけば、仕事も効率化できるし、小さなストレスを潰すこともできるのだ。

これを実践している人とそうでない人は数年経てば、レベルが全然違ってくるんじゃないか?

関連記事はこちら!

【仕事効率化】一度経験した仕事で繰り返し実施するものは作業の一覧リストを作っておくと次回以降の効率が劇的に上がる!

【仕事効率化】使用頻度の高さでのモノの場所を変えて、取り出しやすくする!

【仕事効率アップ】ストップウォッチでその仕事に掛かる時間を計ると目の前の仕事に集中しやすくなる!

スポンサーリンク
おすすめの記事