職場の人々

マインドフルネスを意識しながら仕事をするっていうのはビジネス小僧にとって意外と難しい。

でも、

「この仕事に掛かる時間を計ろう」

って考えて、ストップウォッチで時間を計りながら仕事をすると、思いのほか集中できることに気付いた。

ビジネス小僧はGショックのストップウォッチを使っているが、尊敬している先輩は学校の体育とかで使うストップウォッチを使って時間を計っていた。

ストップウォッチで時間を計っていると、

まず自分がどれだけこの作業に時間を掛けているかの所要時間がわかる。

それに時間を計っている分

「集中して短時間で終わらせてやる!」

と燃えて頑張れる(これはビジネス小僧だけかもしれんが)

やってみて損はない方法だと思う。

時間に敏感になるのは仕事効率を上げる前提条件だと思うから。

それに各作業の所要時間がわかれば、段取りも組みやすいし、仕事の優先順位と作業の時間が比例しているかどうかを見極めるのにも役立つからね。

関連記事はこちら!

【仕事効率化】一度経験した仕事で繰り返し実施するものは作業の一覧リストを作っておくと次回以降の効率が劇的に上がる!

【仕事効率アップ】重たい仕事や気の乗らない仕事は1分でいいから手を付ける

【仕事効率アップ】繰り返し作成するものはフォーマットを作っておく!

スポンサーリンク
おすすめの記事