笑顔の男性

ビジネス小僧がTo Do Listを消化して1日の仕事を効率よく終わらせるために心がけていることがある。

それは重たい仕事や気の乗らない仕事は1分でいいから手を付けることだ。

重たい仕事ほど、後回しにして全く手をつけないと、どんどん心理的に負荷がのしかかってくる。

その重圧を感じながら他の仕事をしている時は、憂鬱な時間が続くし、頭をスッキリしないから楽しく仕事が出来ない。

だから、1分だけでいいから手を付ける。

ビジネス小僧がよくやるのは1分だけストップウォッチで計って、その1分だけ本気でその重たい仕事に集中するって方法だ。

1分手を付ければ、

「だいたいどんな作業が必要か?」

「どれくらい時間がかかりそうか?」

がほんの少しわかってくる。

それに、1分手をつけたら、

「どうせならもう少しだけ進めておこう!」って気になることも多い。

そうなれば占めたもんだ。

全く手を付けない状態よりもはるかにその仕事の難易度が下がる感じがするし、

「あれ?そんなに重い仕事じゃないじゃん!」

って気付けて、気楽になることもよくある。

全く手を付けないのと、1分でも取り掛かるのでは雲泥の差が出てくる。

その後の仕事も気楽に楽しく出来るし、いいことづくめだ。

関連記事はこちら!

【仕事効率化】目的が曖昧な仕事は無くすか、目的を明確にする!

【仕事効率化】一度経験した仕事で繰り返し実施するものは作業の一覧リストを作っておくと次回以降の効率が劇的に上がる!

【仕事効率アップ】使用頻度の高さでのモノの場所を変えて、取り出しやすくする!

【仕事効率アップ】ストップウォッチでその仕事に掛かる時間を計ると目の前の仕事に集中しやすくなる!

スポンサーリンク
おすすめの記事