作業

初めて行う仕事はやけに時間がかかる。

それはこの仕事を終わらせるために何をやる必要があるのかがわかっていないからだ。

一度ても経験してしまえば、仕事の全体像がわかるし、必要な質もわかる。

だから次やるときはある程度はスムーズにできるはず。

だけど、ビジネス小僧の場合、実施スパンが1ヶ月に1回程度の仕事は半分以上やり方を忘れてしまって、初めてやる時と同じぐらい非効率で時間が掛かってしまっていた。

そのため、最近はそれを防ぐために初めて行った仕事の直後に作業一覧リストを作成することにしている。

その仕事を完了させる上で必要な作業一覧を作成しておくと、一ヶ月後に実施した時も、何をすればいいかが一目瞭然で劇的に効率が上がった。

それと合わせて必要な作業が漏れなくなるので、ミスも減らすことができた。

継続的に行う仕事で、やり方を忘れがちな仕事は作業項目一覧を作成するのを徹底していきたい。

関連記事はこちら!

【仕事効率アップ】ストップウォッチでその仕事に掛かる時間を計ると目の前の仕事に集中しやすくなる!

【仕事効率アップ】繰り返し作成するものはフォーマットを作っておく!

スポンサーリンク
おすすめの記事