説明する上司

部下が何度注意しているにも関わらず同じミスをした時に

「全くこいつは何回同じミスをしているんだ!」

って感情的にブチ切れそうになることはよくある(笑)

これはビジネス小僧がまだまだ人間が出来ていないからだと思うが(笑)(もちろん実際に感情的に怒ったことはまだないが、、、)

初めてのミスならともかく部下に同じミスを繰り返されるとイラッとすることは、部下を持った経験がある人なら少しは経験があるんじゃないだろうか?

でも、ビジネス小僧が部下だった時は、上司から感情的に怒られることは死ぬほど嫌いだったし(笑)

「反省しているのにそんな怒る意味ある?」

と思っていた(ただ同じミスを繰り返してはいなくて、上司の機嫌が悪い時にミスが見つかった。というのが今回と違う点だ(笑))ので、上司の立場になった時にどうすべきかがずっと迷っている。

そうやって部下にイライラしている時に

「これは良い考え方だな。」

と最近思ったのは

  • 「怒って苛立ちをぶつけるよりも部下にとって良い指摘の仕方はあるかな?」
  • 「どう指導したらもっと部下のミスは減らせるのか?」
  • 「あいつ(部下のこと)にとって最もためになる指摘の仕方はなんだろう?」

と自問することだ。

そうすると苛立ちが落ち着いてきて、もっと良い指導方法を探し始めるスイッチが入る。

「俺の指摘の仕方が悪かった可能性もあるから、指導方法を変えてみよう。俺の指導力不足も1つの原因だ。」

と自分にも原因があるように考えるようになる。

結果として、だいぶ苛立ちは収まり、部下に感情的にならず、健全な指導の仕方が出来たと思う。

部下が同じミスを繰り返すときは

「部下が本当にミスを減らせるようになる指導の仕方を上司である自分自身が出来ているか?」

を考えてみるのは1つの方法だな、と学んだ時だった。

スポンサーリンク
おすすめの記事