笑顔の女性

アルバイトと一緒に働いていると、ついつい

「ここが出来てない。」

「なんで気づかないの?」

って色々指摘したくなる。

でも社員とアルバイトなら出来ることも能力も違って当たり前だ。

そもそも仕事に掛ける意気込みの前提が全く違う。

でも、現場で仕事をしているとそんなことはすっかり忘れて、出来ていない点を指摘して改善させるってことばかりに目が向いてしまうが、それではいけないよね。

自分がそうだったから良くわかるが、働いていて指摘ばっか受けるのはやる気が下がるし、イラっときやすい。(そうでない人も大勢いるのは知っています)

それよりも

「これが良く出来てたね!」

「あいさついいね!」

って褒められた方がよっぽど

「もっと頑張ろう!」ってなる。

ということはアルバイト管理する側が意識すべきなのは、

指摘よりも細かいことでも

認める!褒める!

ということだと最近感じている。

人から褒められる機会って少ない人が多いから、具体的に褒めてもらえばきっとうれしい。

もちろん指摘する必要があることはいっぱいあるが、1つ指摘するなら、5つは褒めたり、出来ている部分を認めてあげる。あるいはそのスタッフの良いところを指摘してあげる。

こういうことを意識してアルバイトに接したほうがきっとうまくいくって思う。

関連記事はこちら!

【アルバイト管理】アルバイトスタッフの意見を聞こうとする姿勢を社員が持つのは超大事!

【アルバイト管理】細かいことでもほめる&お礼を言うことがアルバイトのモチベーションを上げる!

【アルバイト管理】わからないことを社員に聞きやすいかどうかがアルバイトの働きやすさに直結する

スポンサーリンク
おすすめの記事