説得する部下

ビジネスマンとして出来る仕事レベルを上げていきたいなら、ルーティンワークだけをやっていちゃダメだ。

慣れたルーティンワークを毎日同じようにやって何を得られる?

何を学べる?

成長してもっとレベルを上げていきたいなら、ルーティンワークから抜け出して、新しいことにチャレンジする必要がある。

「そんなに新しい仕事を振ってもらえない」

って声も聞こえてくるが、そんな受け身の姿勢ではいけない。

上司に会社を変えるための提案をするために提案書を作成する。

もっと職場全体の仕事効率が上がるようなシステムを導入する提案をするために導入事例やそのシステムの担当者に話を聞きにいく。

もっと仕事レベルを高めるために、タスク管理の新しい方法を試してみる。

会社でどんな立場だろうが、新入社員だろうが、ルーティンワーク以外に自分から新しいチャレンジをする方法はいくらでもあるはずだ。

仮にルーティンワーク以外できない環境(そんな環境は逆にないとは思うが)でも、自分の仕事レベルを上げるだに出来ることはある。

例えば、同じルーティンワークをやるにしても

「今の3分の2で終わらせる方法はないか?」

「自分以外の人に任せられないか?」

など、ルーティンワークに掛ける時間自体を縮小する工夫を考えながら行ってみる。

そういう工夫をすれば、ただ毎日ルーティンワークを同じやり方で無難にこなすだけの仕事をしている人より確実にレベルは上がっていく。

スポンサーリンク
おすすめの記事