笑顔のアルバイト

レジとかでよく使われているPOSデータって一体何なのか?

なんとなく

「レジでの売上商品とかお金の計算のデータなのかな~?」

ぐらいしか知らなくて、気になったから調べてみた。

スポンサーリンク

POSとは?

POSってのはPoint of Sales(ポイント・オブ・セールス)の略だそうだ。

日本語に訳すと「販売時点」って意味らしい。

「販売時点??」

意味は何となく分かるけど、難しい(笑)

「商品が売れた時」って理解ぐらいで良いらしい。

POSデータで何がわかる?

POSデータは一般的に「売上データ」、と呼ばれているそうだ。

売上データならわかりやすいよね(笑)

要はPOSデータ=レジでの売上データってことね。

レジで商品を売り上げた瞬間にほぼリアルタイムで売上データが記録され、収集されるとのことだ。

「すごい、、、」

レジでバーコードを読むという行動は価格を読み取って計算するだけでなく、色々なマーケティングデータを収集していたのか!

POSデータで読み取れる情報は?

話は戻るけど、このレジでお客さんが持ってきた商品を読み取ると

  • いつ
  • どこのお店で
  • どんな商品が
  • いくらで
  • 何個

売れたのかっていう情報がほぼリアルタイムで収集できるそうだ。

このPOSデータで収集した情報をマーケティングに活かして商品を売ったり、商品開発のヒントにしたりするらしい。

POSデータだと、お客さんが購入した商品の組み合わせもわかるから

「どういった組み合わせの商品がよく売れるのか?」

ってこともデータでわかってくるそうだ。

弱点としては、

「誰が購入したか?」

の具体的なデータを集められないそうだ。

でも大まかな属性(男性で~歳代みたいな)はわかるっぽい。

ビジネス小僧がコンビニで働いていた時、レジのボタンに

  • 20~30代男性
  • 40~50代男性
  • 60代~男性
  • 20~30代女性
  • 40~50代女性
  • 60代~女性

ってボタンがあったのをふと思い出したけど、

「あれはPOSデータのためだったのか!」

ってようやく気付けた瞬間だった。

関連記事はこちら!

【マーケティング】ライフタイムバリュー(LTV)って何?

【マーケティング】配荷率っていったい何??

【マーケティング】マーケティングを徹底的に学ぶことのメリットは?

スポンサーリンク
おすすめの記事