ビジネスマン

最近3人の部下を持つようになって、強く感じることがある。

それが報連相=報告・連絡・相談ができる部下は上司にとって、すごく仕事がしやすいってことだ。

仕事を振る立場になって初めて実感したのは、部下に依頼した仕事の進捗確認や完了確認に意識も時間も結構取られるってこと。

だから、細かく報告してくれたり、進み具合が思わしくない時に逐一相談してくれる部下は非常にやりやすい。

逆に完了してるのに報告がなかったり、うまく進んでないのに一人で抱え込んで相談しない部下はなかなかやりにくい。

費用等の相談なく勝手に物を購入したり、勝手なことをやる部下は信用できない。

報連相って上司がいる時は軽視していたけど、上司にとってめちゃくちゃ大事で部下への信頼や働きやすさにものすごく関わるものだってことを学んだ。

部下の時に上司がイラッとしていた理由が初めてわかった(笑)

関連記事はこちら!
上司に仕事上の問題を相談をするなら必ず自分なりの意見を持った上で相談する!

【良い上司】大切なのは、部下に「どう思われるか?」ではなく、「どう思うか?」だ!!

スポンサーリンク
おすすめの記事